生活の知恵の木

日々をちょっぴり便利にする生活の知恵を紹介するブログ

生活の知恵の木

ピタットプランで機種変更をするにはどの方法が一番安くなるのか考察してみた。

こんにちは、チエノキです。

ピタットプランに加入して料金は、かなり安くなりました。

ただ、携帯が2年半のため、そろそろ新しい機種が欲しいところ。

 

今までならauショップに行って、型落ちしたXperiaを買って、毎月割で安く済ませていましたが今後はそうはいかないので、どの方法がお得なのか考察してみました。

 

<目次>

 

アップグレードプログラムEXとは

アップグレードプログラムという買い方があります。特典だけをみるとかなりお得に感じますが、かなり制約が多いです。

【特典】

 全48回(4年分)の携帯料金の内、最大24回分(2年分)の料金が無料になる。

つまりは、実質半額になる

f:id:chienoki:20171105022819p:plain

【加入・適用条件】

①スマホ購入時に割賦契約(48回=4年間)で購入と同時に申し込む

②auピタットプランに加入

③毎月390/円のプログラム料金が掛る(24ヶ月分=¥9,360

④機種変更時にもアップグレードプログラムに加入する必要がある。

⑤機種変更時に携帯を回収

⑥⑤の際、本体や液晶に破損、割れがある場合、水漏れ反応がある場合、故障時利用料金¥20,000が掛る。(故障紛失サポート加入時は、¥2,000)

 

うーーーーーーーん。微妙。

特に、⑥の条件は注意事項のとこにすごく小っちゃく書いてありますからね。

携帯を落として、画面割れたり、角が削れてる人は多いのではないでしょうか( ハイ!私です!( ´艸`) 

 

実質、故障紛失サポートへの加入は必須となります(¥390/月)

そう考えると、機種代半分と謳っていますが、プラス以下の料金が実質の機種代と考えるのが妥当です。

(プログラム料金¥390+サポート¥410(税込))×24=19,200円

 

また、デメリットとしては、72,000円の携帯を購入し、プログラムに加入し、2年後に「やっぱり別のキャリアに変えようかな・・・」と継続をやめると、残額36,000円の支払が必要になります!

 

もうauと一生を添い遂げる」という覚悟がない限りは、安易な加入はおススメできません。

 

シミュレーションしてみよう!

f:id:chienoki:20171031010243p:plain

auのシミュレーションページで計算しました。

ちなみにビッグニュースキャンペーンで-1,000円の結果になっているので、2年目以降は+1,000円になります。ご注意ください。

 

対象機種:XperiaXZ1 SOV36(90,720円)

■アップグレードプログラム加入時

2GB/故障サポートあり

利用料金+機種代(48回払い)+オプション

3,218円+2,280円+410円=5,908円(税込/月)

 

■アップグレードプログラム未加入時

2GB/故障サポートなし

利用料金+機種代(24回払い)+オプション

3,218円+3,780円+0円=6,998円(税込/月)

※故障サポート未加入です 

 

一見すると、「プログラムに加入した方がお得じゃん!」となりますよね。

ですが、これはちょっとずるくて、機種代金の支払回数が違うのです。

 

機種代金払う回数が異なるのに、この比べ方はおかしい。

どういうことかというと、プログラム加入時は2年毎に機種変更をしていくことで、機種代半額の恩恵を最大限に受けることができます。つまり、毎月必ず機種代が発生していることになります

 

一方、プログラム未加入時は、2年以上使った場合、機種代は0円になるため、3,218円(税込/月)で運用が可能になります。

 

ここで、仮に以下を想定して計算してみます。

①プログラム加入時:2年目で同グレードの携帯に機種変更

5,908円/月×36ヶ月=212,688円

②プログラム未加入時:同じ機種を3年利用

6,998円/月×24ヶ月+3,218円/月×12ヶ月=206,568円

 

 

差額は約6000円という結果になりました。

差額が6,000円なのであれば、プログラム加入は「あり」ですね。

また、スマホの3年利用は、なかなか厳しいため、常に最新機種を使用していきたい場合は、加入した方がお得です

 

型落ち携帯でのシミュレーション

最近は携帯の性能もぐんぐん上がり、最新機種でもガッツリ性能があがる、ということは少なくなってきました。性能的には2年前のスマホでも何の問題もありません。

そんな、「別に最新機種に興味はない!ちょっと前の安くなった携帯で良い!」という方の場合も計算してみました。

 

2016冬モデル

XperiaXZ SOV34(43,200円)

2GB/プログラム・サポート等一切なし

3218円+1800円+0円=5,018円(税込/月)

 

■2年運用する場合

①プログラム未加入時

5,018円/月×24ヶ月=120,432円

②プログラム加入時(XperiaXZ1 SOV36(90,720円))

5,908円/月×24ヶ月=141,792円(+21,360円)

③プログラム加入時(XperiaXZ SOV34(43,200円))

4,918円/月×24ヶ月=118,032円(-2,400円)

 ※①は故障サポートなしの金額

 

→2年運用の場合、型落ちした携帯の場合においても、プログラム加入にしていた方が

安くなります。ただし、画面にひびなどがある場合は¥2,000円とられるので結果はとんとんくらいでしょうか。

 

■3年運用する場合

①プログラム未加入時

5,018円/月×24ヶ月+3,218円/月×12ヶ月=159,648円

②プログラム加入時(XperiaXZ1 SOV36(90,720円))

5,908円/月×36ヶ月=212,688円(+53,040円)

③プログラム加入時(XperiaXZ SOV34(43,200円)

4,918円/月×36ヶ月=177,048円(+17,400円)

 ※①は故障サポートなしの金額

 

→3年間運用できれば、かなりの差額が発生します。 プログラム未加入の圧勝という結果になります。

 

「2年以上、同じスマホを使い続けることができる」のであれば、プログラム未加入が良いと思います。機種代が発生しない期間が長ければ長いほどお得になっていきます。

 

一方、「2年以上、同じスマホを使用できる自身がない方はプログラム加入で2年毎に携帯を機種変更して行く」のが良いかと思います。

ただし、プログラムは一度加入してしまうと、抜け出せない、というデメリットがあることだけは注意しましょう。

 

白ロムを利用する場合

「携帯の中古まったく気にしない。」「傷ありでもOK」という方は、白ロムがおススメです。

 

ピタットプランは「毎月割」がないため、いかに機種代を安くするか?がポイントです。

そういう意味では、ピタットプラン+白ロムは最強の組み合わせとも言えます。

でも、僕は中古携帯にかなり抵抗があるので、ちょっと・・・。

白ロムの新品ももちろんありますが、auショップで購入した方が安かったりしますので、よく値段を比較検討の上、購入してください。

 

まとめ

常に最新機種を使いたい!→アップグレードプログラムEX加入

少し性能は落ちてもOK!au正規購入が良い!→型落ちで購入。2年以上使用できるなら未加入。自信がない方はプログラム加入。

中古でも全然OK!→白ロムでプログラム未加入で運用

 

いかかでしたでしょうか。

ピタットプランにで機種変更方法をお届けしました。

みなさまの携帯購入に少しでもお役に立てれば嬉しいです。

役だった!という方は↓のをクリックして応援していただけると嬉しいです!

以上、チエノキでした。

 

<関連記事>

www.chienoki-life.com